紫式部

紫式部

平安時代の代表作家

[生年〜没年] 不明〜不明

出生地不詳。
平安時代に作家として活躍し、『源氏物語』や『紫式部日記』などの作品を残した。
その多くは、一条天皇の中宮・藤原彰子に仕えているあいだに書かれたものといわれている。
父は学者・詩人の藤原為時で、紫式部も幼いころから文学の才能を発揮した。
「紫式部」は通称であり本名は不明だが、「藤原香子」とする説がある。

紫式部に関する記事一覧

文才が見込まれ愛人にも?紫式部と藤原道長の関係

紫式部を知る上で欠かせない人物のひとりに、藤原道長がいます。 道長は平安時代の貴族であり、政治家としても活躍しました。 紫式部にとっては教え子の父であり、『源氏物語』執筆の後援者…

続きを読む

光源氏のモデルは誰?源平合戦で有名な源氏との関係は

紫式部が執筆した『源氏物語』の主人公・光源氏。 光源氏は架空のキャラクターですが、そのモデルは実在の人物だといわれています。 有力な候補は「源融」(みなもとのとおる)と「源高明」…

続きを読む

紫式部のお墓がある京都。歌人・小野篁の墓所が隣接しているワケ

紫式部のお墓は、京都市内に存在しています。 お寺や神社が管理しているわけではない、という少々変わった墓所です。 また紫式部のお墓のとなりには、彼女と同じく歌人として活躍した小野篁…

続きを読む

紫式部は猫好き?源氏物語にも猫を登場させていた!

紫式部は猫好きだったと推察されています。 彼女の書いた『源氏物語』の重要部分に、猫が登場しているためです。 また平安時代の貴族たちには、猫をペットとして愛でる習慣がありました。 …

続きを読む

紫式部は藤原公任と恋仲だった?ふたりの出会いにまつわるエピソード

光源氏を主人公とした恋愛小説『源氏物語』の作者・紫式部。 派手な色恋が描かれた著書とは対照的に、彼女自身は生真面目な性格で、その恋愛に関する記録は非常に少ないです。 紫式部は20…

続きを読む

作者は紫式部じゃない?源氏物語の最終章「宇治十帖」は誰が書いたのか

紫式部は『源氏物語』の作者として有名ですね。 しかし源氏物語の一部分は、彼女が執筆したのではないという説もあります。 源氏物語は全54編で構成されている物語です。 その54編のう…

続きを読む

ふたつのお寺と皇居が有力。紫式部が源氏物語を執筆した場所とは

紫式部は、長編小説『源氏物語』の筆者として知られています。 彼女は時おり場所を変えながら、数年をかけて源氏物語を完成させました。 物語の執筆地として有力なのは「石山寺」(いしやま…

続きを読む

ただの家庭教師?それとも仲良し?紫式部と中宮・彰子の関係

『源氏物語』の作者として有名な紫式部。 彼女は作品を執筆しながら、中宮(天皇の妻)・藤原彰子の下で働いていました。 紫式部は、彰子の家庭教師のような存在です。 少なくとも5年以上…

続きを読む

著書に愚痴を発見!紫式部は清少納言が嫌いだった?

『源氏物語』の作者であり、平安時代に女流作家として名を馳せた紫式部。 彼女は同じく女流作家の清少納言を嫌っていたといいます。 しかし紫式部と清少納言には、直接の面識がありませんで…

続きを読む