清少納言

清少納言

歌人界のサラブレッド

[生年〜没年] 966年〜1025年

出生地不詳。
著名歌人の家系に生まれる(父は清原元輔、曽祖父は清原深養父)。
和漢の学に秀でた女性文学者として活躍し、一条天皇の中宮・定子に仕えた。
代表作は、随筆『枕草子』と家集『清少納言集』。
橘則光(のりみつ)と結婚したがまもなく離婚、藤原棟世(むねよ)と再婚するも別居をしている。

清少納言に関する記事一覧

かき氷が好物?『枕草子』から探る清少納言の好きな食べ物

清少納言の好きな食べ物が何なのかといえば、明確には不明です。 清少納言みずから『枕草子』や和歌などで自身の好物について書いていませんし、そうした物について他人が記録した文献も残さ…

続きを読む

本名でもペンネームでもない?「清少納言」の意味と由来

「清少納言」という名前は、彼女の本名でもなければペンネームでもありません。 この名前は、清少納言が一条天皇の皇后・定子(ていし)に仕えたときの通称(呼び名)です。 「清少納言」と…

続きを読む

おだやかな晩年?それとも没落?清少納言の宮仕え後の人生

清少納言は一条天皇の皇后・定子(ていし)に仕え、『枕草子』を執筆した平安時代の才女として有名ですね。 いっぽう定子が亡くなったあと、清少納言の後半生についてはよくわかっていません…

続きを読む

『枕草子』という作品名の意味とは?5つの説からその謎に迫る

「春はあけぼの」から始まる、清少納言の『枕草子』。 この「枕草子」という作品名は後世の誰かが名付けたもので、意味については正確にわかっていません。 そのため意味や由来について、多…

続きを読む