高野長英

高野長英

開国派の元武士・町医者

[生年〜没年] 1804年〜1850年

陸奥国水沢(現在の岩手県奥州市)生まれ。
幼いころから蘭書で学問に興じ、江戸で吉田長淑に師事した。
留学先に長崎でシーボルト事件に遭うが、難を逃れる。
実家には戻らず武士の身分を失い、町医者として働くいっぽうで尚歯会に参加。
異国船打払令を批判した著作『戊戌夢物語』が原因となり、蛮社の獄で死去した。

高野長英に関する記事一覧

蛮社の獄で高野長英が重い弾圧処分を受けた理由

天保10年(1839年)5月、蘭学者で町医者の高野長英は蛮社の獄で弾圧されました。 『戊戌夢物語』を著して、モリソン号事件(アメリカの民間船が日本の漂流民を返還に訪れ、砲撃によっ…

続きを読む