吉田松陰

吉田松陰

維新の礎を築いた倒幕論者

[生年〜没年] 1830年〜1859年

長門国(現在の山口県西部)生まれ。
山鹿(やまが)流兵学の師範だった叔父に学び、幼くして講義を行っていた。
諸国を遊学し江戸で佐久間象山に師事、下田で密航を企てるも失敗し投獄される。
幽閉先の萩で松下村塾を開き、高杉晋作や伊藤博文を育てた。
幕府老中・間部詮勝の暗殺を画策して再び投獄され、安政の大獄により刑死。

吉田松陰に関する記事一覧

大の甘党?!吉田松陰の好きな食べ物は大福など甘いものばかり

逸話の多い吉田松陰ですが、食事についてのエピソードはほとんどありません。 本人はもちろん周りの人が松陰の好きな食べ物について書き残した記録があまりないんです。 ただ一説によれば、…

続きを読む

吉田松陰と松下村塾の塾生たちとの「絶縁事件」

松下村塾の塾長としてたくさんの塾生に慕われていた吉田松陰。 深い愛情をもって塾生たちに接し、とくに久坂玄瑞(くさかげんずい)には自分の妹を嫁がせるなど、家族ぐるみでの付き合いをし…

続きを読む

吉田松陰が松下村塾で教えていたこととは?偉人を多く生み出した教育方針

吉田松陰が塾長を務めていた松下村塾。 少人数の塾であり、しかも松陰が指導していた期間はたったの2年でしたが、高杉晋作や伊藤博文などの偉人を多く輩出しました。 松陰はいったいどんな…

続きを読む

恋愛経験ゼロの吉田松陰とある女性の出会い。思いをつなぐ5つの歌

吉田松陰は松下村塾では生徒から慕われ、彼もまた生徒へ深い愛情を注いでいました。 いっぽうプライベートでは妻はおらず生涯にわたって独身で、恋愛経験はなかったようです。 しかし松陰に…

続きを読む

「二十一回猛士」とは?その意味からみる吉田松陰の生涯

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂 十月二十五日 二十一回猛士 これは吉田松陰の辞世の句で、松下村塾の塾生に送ったとされる言葉です。 「私の身はここ武蔵の…

続きを読む