吉田松陰

吉田松陰

維新の礎を築いた倒幕論者

[生年〜没年] 1830年〜1859年

長門国(現在の山口県西部)生まれ。
山鹿(やまが)流兵学の師範だった叔父に学び、幼くして講義を行っていた。
諸国を遊学し江戸で佐久間象山に師事、下田で密航を企てるも失敗し投獄される。
幽閉先の萩で松下村塾を開き、高杉晋作や伊藤博文を育てた。
幕府老中・間部詮勝の暗殺を画策して再び投獄され、安政の大獄により刑死。

吉田松陰に関する記事一覧

大の甘党?!吉田松陰の好きな食べ物は大福など甘いものばかり

吉田松陰は大福などの甘い食べ物が大好きで、江戸での遊学中によく買っていました。そのほかの好きな食べ物はよくわかっていませんが、柿も候補として考えられます。つまり松蔭は大の甘党だっ…

続きを読む

吉田松陰と松下村塾の塾生たちとの「絶縁事件」

吉田松陰は一時期、松下村塾の塾生たちと絶縁していました。そのきっかけは老中暗殺計画を高杉晋作と久坂玄瑞に支持してもらえなかったことです。最終的には無事に仲直りができたようですが……

続きを読む

吉田松陰が松下村塾で教えていたこととは?偉人を多く生み出した教育方針

多くの偉人を輩出した松下村塾。そこで指導していた吉田松陰は、いったい塾生に何を教えていたのでしょうか。塾の教育内容や、松陰の教育方針についてご紹介します。…

続きを読む

恋愛経験ゼロの吉田松陰とある女性の出会い。思いをつなぐ5つの歌

吉田松陰は生涯にわたり独身で恋愛経験はありませんでしたが、たったひとり親しくなった女性がいました。高須久子との出会いから別れ、そしてその後について5つの歌をひも解きながらご紹介し…

続きを読む

「二十一回猛士」とは?その意味からみる吉田松陰の生涯

辞世の句にも二十一回猛士という号を使っていた吉田松陰。この言葉は、二十一回の「猛きこと」と解釈できます。はたしてどのような意味なのでしょうか。その由来から彼の生涯を振り返ってみま…

続きを読む