伊藤博文

伊藤博文

日本初の内閣総理大臣

[生年〜没年] 1841年〜1909年

長州藩(現在の山口県)生まれ。
松下村塾、イギリス留学で勉学に励み、尊皇攘夷運動に参加したのち明治維新を果たした。
明治政府樹立後は重職を歴任し、大日本帝国憲法を起案、初代内閣総理大臣に就任。
立憲政友会の初代総裁も務め、日清戦争では朝鮮独立に尽力。
韓国統監時代、朝鮮民族主義活動家の安重根によって暗殺された。

伊藤博文に関する記事一覧

伊藤博文の英語力とその伸ばし方にまつわる5つのエピソード

伊藤博文は、その英語力が評価されて内閣総理大臣に選ばれました。 今回は、伊藤がどのくらい英語が得意だったのかについてのエピソードとともに、彼がどうやって英語力を伸ばしていったのか…

続きを読む

大の女好き!伊藤博文の女遊びのエピソード6選

伊藤博文は女好きで知られ、「ほうき」というあだ名がつけられました。 「掃いて捨てるほど女がいる」という意味です。 当時のメディアは伊藤の派手な女性関係をさかんに書きたて、1902…

続きを読む