ミハイル・ゴルバチョフ

ミハイル・ゴルバチョフ

ソ連唯一の大統領

[生年〜没年] 1931年〜

ソ連の地方農村で農民の子として生まれる。
学業優秀でモスクワ大学に入学したが就職に失敗、帰郷後はソ連共産党に入党。
若くして党中央委員に選出され、50歳代で書記長に就任した。
ペレストロイカ、グラスノスチ、新思考外交により冷戦を終結させ、ノーベル平和賞を受賞。
同じころ国内でクーデターを招き、ソ連を崩壊させることになった。

ミハイル・ゴルバチョフに関する記事一覧

ソ連最後の国家元首・ゴルバチョフの残した功績とは?

ソ連最後の国家元首となった、ミハイル・ゴルバチョフ。 ゴルバチョフの最大の功績は、東西冷戦を終結させたことです。 戦後の世界を暗く覆った東西冷戦を、ゴルバチョフは3つの改革によっ…

続きを読む