ジョージ・ゴードン・バイロン

ジョージ・ゴードン・バイロン

自由奔放なロマン派詩人

[生年〜没年] 1788年〜1824年

イギリス・ロンドン生まれ。
10歳で男爵となり、ハーロー校を経てケンブリッジ大学に入学、詩人活動を始め数々の詩集を出版した。
大学中退後はヨーロッパ各国を放浪し旅行記も出版、ロマン派の代表作家となる。
いっぽうで多くの女性と恋愛をし、社交界に浮名を流した。
ギリシャ独立戦争に参加するも、戦地で熱病にかかり病死。

ジョージ・ゴードン・バイロンに関する記事一覧

モテ詩人「バイロン」のスキャンダラスな女性関係と復讐劇

19世紀初頭、イギリスの貴族で詩人として成功した男爵「バイロン」。 女性からの人気が高かったためか、彼にはスキャンダラスなエピソードがたくさんあります。 結婚するものの夫婦関係は…

続きを読む

金遣いの荒かったバイロン。浪費家から英雄へ

イギリスの詩人「バイロン」は金遣いがとても荒い人物でした。 学生のころから好き放題にお金を使っていましたが、晩年は英雄と褒めたたえられていたようです。 今回は、浪費家バイロンが英…

続きを読む

バイロンは足が不自由なのに水泳が得意だった!

イギリスの詩人「バイロン」は先天的に足が不自由だったにも関わらず、水泳を趣味としていました。 長距離を泳ぐのが得意で、そのことを裏付ける2つのエピソードがあります。…

続きを読む