吉田茂

吉田茂

戦後の日本外交の先導者

[生年〜没年] 1878年〜1967年

東京都千代田区で生まれ、父の投獄後は実業家・吉田健三の養子となる。
東京帝国大学を卒業後、外務省に入省し外務次官や駐英大使などを歴任。
第二次大戦中、新英米派として和平工作に尽力するが軍部から排斥された。
戦後に外務大臣となったのち、吉田内閣を5度にわたり組閣。
サンフランシスコ平和条約・日米安全保障条約に調印し、戦後日本の外交政策を築いた。

吉田茂に関する記事一覧

吉田茂はCIAのスパイだった?衝撃的な都市伝説がささやかれる理由

吉田茂は、歴代最多である5期も総理大臣を務めた大物政治家です。 とくに敗戦後の日本の主権回復や復興に大きく貢献したと、政治・歴史の専門家からも評されています。 しかし吉田はそのい…

続きを読む

めちゃくちゃ不仲!吉田茂と河野一郎の険悪エピソード3つ

外務大臣や総理大臣を務めた吉田茂には、犬猿の仲といわれる人物がいました。 同じ政治家である、河野一郎です。 河野は農林大臣や行政管理庁長官を歴任し、総理大臣候補として名前が挙がる…

続きを読む

吉田茂と白洲次郎は親しかった?ふたりの関係性とは

時の総理大臣であった吉田茂。 その側近を務めていたのが「白洲次郎」です。 ふたりには24歳もの年齢差がありましたが、不思議とウマがあったようで、強い信頼関係を築いていました。…

続きを読む

吉田茂がサンフランシスコ講和条約に調印した理由とは?

サンフランシスコ講和条約は、第二次世界大戦後に、アメリカを中心とした48か国と日本のあいだで結ばれた条約です。 当時の総理大臣・吉田茂によって調印され、戦争の終結や日本の主権回復…

続きを読む

吉田茂の好物とは?美食家の首相が愛した3つの味

吉田茂は総理大臣に就任する前、外交官として活躍しており、その際に各国の様々な料理を口にしています。 また晩年には住み込みのコックを雇い、自宅で料理をさせたそうです。 吉田が美食家…

続きを読む

実は英語が下手?外交官たちの証言からみる吉田茂の英語力

総理大臣としての印象が強い吉田茂ですが、もともとは外交官を務めていました。 吉田は11歳の頃に「耕余義塾」(こうよぎじゅく)という私立学校に入学しており、そこで外交に欠かせない英…

続きを読む

あだ名は「ワンワン宰相」。吉田茂の犬好きエピソード

吉田茂は大物政治家であるいっぽう、熱心な愛犬家でもありました。 彼の犬好きは有名で、総理大臣に就任した際に「ワンワン宰相」とあだ名がつけられたほどです。…

続きを読む