聖徳太子

聖徳太子

天皇政治・仏教興隆に貢献

[生年〜没年] 574年〜622年

用明天皇の第二皇子として、橘寺周辺(現在の奈良県明日香村)で生まれる。
当時は厩戸(うまやど)皇子と呼ばれ、没後しばらくして聖徳太子という呼び名が付いた。
推古天皇に重用され、摂政として中央集権国家の構築に貢献。
遣隋使の派遣、冠位十二階の制定・十七条憲法の発布などを行った。
学問や仏教への関心も高く、法隆寺や四天王寺などの寺院を建立している。

聖徳太子に関する記事一覧

政敵それとも協力者?聖徳太子と蘇我馬子ら蘇我氏の関係性とは

推古天皇のもと共同で政治を行ったとされる、聖徳太子と蘇我馬子。 ふたりは親戚関係にありましたが、その仲については政敵でライバルだったという説と協力者だったという正反対の説が存在し…

続きを読む

なぜ聖徳太子が摂政に選ばれた?推古天皇との関係からみえる3つの理由

『日本書紀』によると593年、天皇の座についてまもない推古天皇が聖徳太子を摂政に任じています。 摂政とは天皇の政治を助け、ときには天皇の代行として政治を執り行う役職のこと。 当時…

続きを読む

聖徳太子が生まれたのは磐余か飛鳥?出生地候補と馬小屋伝説を探る

古代の偉人・聖徳太子。 その出生地(生まれた場所)は現代でも大きな謎のひとつです。 聖徳太子が推古天皇のもとで活躍した飛鳥(あすか)、太子が前半生を過ごした磐余(いわれ)や軽とい…

続きを読む

10人の話を同時に聞いた聖徳太子。超人伝説の真相とは

「10人の話を一度に理解した」というエピソードで知られる聖徳太子。 さらには10人どころか36人の話を聞き分けたという説も存在します。 いっぽうで、本当にそのようなことができたの…

続きを読む

聖徳太子は架空の人物?5つの根拠と聖人が作り出されたワケ

約1400年前の飛鳥時代、憲法十七条、冠位十二階など数々の政策を進め、日本国家の土台を築いた聖徳太子。 日本を代表する古代のスーパースターとして、その功績は現代まで語り継がれてき…

続きを読む

聖徳太子の死因は暗殺?!定説を覆すふたつの説

推古天皇を補佐し皇太子として国政を担っていた聖徳太子は、622年に当時流行していた天然痘に倒れます。 看病していた妻の膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)が先に亡くなり、その翌日に…

続きを読む