聖徳太子

聖徳太子

天皇政治・仏教興隆に貢献

[生年〜没年] 574年〜622年

用明天皇の第二皇子として、橘寺周辺(現在の奈良県明日香村)で生まれる。
当時は厩戸(うまやど)皇子と呼ばれ、没後しばらくして聖徳太子という呼び名が付いた。
推古天皇に重用され、摂政として中央集権国家の構築に貢献。
遣隋使の派遣、冠位十二階の制定・十七条憲法の発布などを行った。
学問や仏教への関心も高く、法隆寺や四天王寺などの寺院を建立している。

聖徳太子に関する記事一覧

聖徳太子の死因は暗殺?!定説を覆すふたつの説

推古天皇を補佐し皇太子として国政を担っていた聖徳太子は、622年に当時流行していた天然痘に倒れます。 看病していた妻の膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)が先に亡くなり、その翌日に…

続きを読む