直江兼続

直江兼続

上杉家の名家老

[生年〜没年] 1560年〜1619年

越後国(現在の新潟県)生まれ。
幼少期から上杉謙信に寵愛を受け、後継者の景勝を家老として支えた。
関ケ原の敗戦により上杉家が大減封された際も藩政の立て直しに尽力。
勉学を好み漢詩集「文選」(直江版)を出版したほか、米沢・禅林寺には藩の学問所を創設している。
江戸時代初期に病死し、後継ぎ不在のため直江家は断絶した。

直江兼続に関する記事一覧

直江兼続にはどんな子どもがいた?1男2女と養子たちの人生

直江兼続には正室・お船の方とのあいだに嫡男・景明(かげあき)、長女・お松、次女・お梅といった3人の子どもがありました。 嫡男とは跡継ぎになる予定の男子のことです。 これら3人のほ…

続きを読む

会津転封の際、なぜ直江兼続は越後から年貢を持ち去ったのか?

上杉家当主の上杉景勝が越後(今の新潟県)から会津(今の福島県)に転封(国替え)になったとき、直江兼続は年貢をすべて持ち去りました。 誠実な性格との評価が多い兼続がなぜこんなことを…

続きを読む

直江兼続がイケメンだったというのは本当?3つの書物から探ってみた

知性と誠実さを評価されることが多い直江兼続。 彼は容姿も優れていたといわれています。 この「兼続イケメン説」は本当なのでしょうか。 3つの書物から、この話の真偽を探ってみました。…

続きを読む

直江兼続の学問好きがわかる3つのエピソード

直江兼続は頭のいい人物として有名ですね。 主君の上杉景勝からは政治も軍事も任され、豊臣秀吉も家臣に望んだほどです。 そんな知将・兼続はもちろん学問が大好き。 兼続がいかに学問に慣…

続きを読む

知恵で上杉家のために尽力した直江兼続の2つの功績

直江兼続は知恵を使って功績を残した人物です。 仕えていた上杉家の存続そして発展のために、さまざまな作戦や政策を考えました。 なかでもとくに大きな2つの実例をご紹介します。…

続きを読む

直江兼続の挑戦状――直江状はまったくの偽物ではない

武士の身分制度が厳しい戦国時代。 地位の高い相手に無理を言われても逆らうことは許されない時代です。 しかし、直江兼続は違いました。 大きな力を持つ徳川家康に理不尽な命令をされたと…

続きを読む

どんな相手にも義の精神を守りぬく、直江兼続の誠実さ

直江兼続は誠実な性格の人物でした。 兼続が主君の上杉景勝に上杉家の家老を任された一番の理由も、その人柄を見込まれたからです。 家老とは内政も外交も軍事も担当するナンバー2の地位。…

続きを読む

直江兼続と石田三成は「義の心」で深い友情を築いた

下克上の戦国時代では、裏切りやだまし討ちが当たり前です。 しかし直江兼続は「義」を大切にしました。 義とは、誠実で私利私欲のない生き方を指します。 兼続が幼少のころから仕えた上杉…

続きを読む

直江兼続が兜に「愛」という字をかかげた理由とは?3つの説から探る

戦国武将が使った鎧(よろい)や兜(かぶと)には、個性の豊かなものが多くありました。 そのなかでも、「愛」の一文字をあしらった直江兼続の兜はひときわ目を引きます。 なぜ兼続がこの文…

続きを読む